上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 

マイクロアドでおこづかいゲット!



おはようございます。
今日は雨ですね。

花粉のあんちくしょうは抑えられていいのですが、
漢は晴れは天気は晴れがいいかな。


またまた、夢を見たので書き残しておきます。
あれだけ夢をみなかったのに最近やたらと見るもので・・・
→あれだけってだれも前のこと知らんがな


…書こうとキーボードにむかった今、
  まさに殆どのことを忘れてしまっていることに気づいた・・・俺はあほかっ!


なので断片的に・・・


ある事件が起こる。


たしか、浮気現場を押さえられたツレ(友達の意)かなんかの場面に
漢も出くわしている。


それをそうならないように過去へと戻り、
現在の事実をなかったことのようにすることになった漢なのだが・・・


一度目の過去へ戻る現場へ向かうも、
そこでは収集がつかない状態になり更に過去へさかのぼりタイムトラベルするはめに・・・


更にタイムトラベルしたところでも、
なんだか余計に混乱させてしまうような自体になってしまい、
そのまた更に過去へタイムトラベルしたような気がする。


そこで夢は終わった。


書いて見て思ったが、
嘘を嘘で塗り固めようとして彼女や奥さんにばれるみたいな内容だな。


これだけではつたない記事になるので、
タイムトラベル物の小説でオススメなものを2つばかり紹介。


興味があれば読んでみてください。
結構おもしろいです。

七回死んだ男 (講談社文庫)七回死んだ男 (講談社文庫)
(1998/10)
西澤 保彦

商品詳細を見る


祖父を助けようと何度も過去に行っては失敗をしてしまう孫が主人公の話。
結構はまります。


パンドラの火花 (新潮文庫 く 28-2)パンドラの火花 (新潮文庫 く 28-2)
(2008/01)
黒武 洋

商品詳細を見る



近未来、囚人達は過去の自分へ過ちをおかさないようにタイムトラベルをして注意を促すチャンス
をもらえる。ただし、自分が何者であるか明かすことはできない。
何人もの囚人達のそれぞれの物語と最後をしめくくる文体に結構感動したのを覚えています。


応援の「ぽち&コメント」いつもありがとうございます。
励みになります。これからも宜しくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

スポンサーサイト
2008.03.20 
Secret

TrackBackURL
→http://misojikaizoukeikaku.blog117.fc2.com/tb.php/542-7c6f667a